【図面】間取図のこだわりポイント④和室 様々な用途で使用するために考えられた配置

皆さん、こんにちわm(_ _)m來夢です。

先日、公開しました図面について
なぜ、この間取りにしたのかこだわりポイントを
まとめていこうと思います(*^^*)

※図面については こちらをどうぞ

【図面公開】一条工務店 中庭のある2階建ての家 間取図が完成しました!

【スポンサーリンク】



④和室

我が家の和室は、玄関からも直接行き来でき LDKにも隣接する配置にしています。
なぜ、このような配置にしたのか和室のこだわりポイントをお伝えしていきます(*^_^*)

こだわりポイント

来客時にプライベートスペースに入ることなく客間を通せる

急な来客時、LDKが散らかっていて通すことができないことがないように
和室を基本的には客間として利用し
来客時には廊下から直接行き来してもらうことができるようにしました。
普段からきれいにしておければいいのですが
小さな子どもがいると、いつも完璧にキレイに!
とはなかなかいかないものですから(^_^;)

用途別の押入れを2箇所設けた

和室になぜ、収納を2つも付けたかというと
大きな押入れは基本もの置きとして、来客用のお布団や子ども達の兜や雛飾りを収納し
小さい押入れは、普段使いとして子ども達が小さいうちはここに普段着を収納し、
和室で着替えができるようにと考えました。

実はこれまでの人生で2階建ての家に住んだことがない私は、
いちいち子ども達の着替えの際に、子どもを2階にあげたり
着替えを2階から持ってくるのは面倒だし
洗濯物をいちいち子供部屋に持っていくのも大変だと思ったからです!
ある程度 大きくなり、自分の部屋で生活するようになった場合は
洗濯物は自分たちで持って上がるスタイルにするため
それまでは一階で着替える場所として和室を活用することにしました!

また、子ども達が大きくなり、衣装を置かなくなれば
ここを掃除道具などを収納する部屋として活用使用かと思っていますので
コンセントも念の為つけてもらいました!

【スポンサーリンク】

将来の使い方も見据えて・・・

今現在は4人家族で、どちらの両親とも同居はしていませんが
この先、どちらかの親を介護するという可能性もなくはないですし
自分たちも歳を重ねて階段の登り下りが厳しくなった場合は
この部屋で過ごすことも考えています。
歳を取ったら、和室で過ごしたいなんて思うかもしれませんしね(・∀・)

ホスクリーンも完備

基本的にお客様がお泊りにも使用したり
親と同居した場合、一緒に洗濯物を干しにくいなどがあると困るので
この和室にホスクリーンを設置しました。
私もそうですが、子どもが小さいと宿泊先でお洗濯できても干す場所がなくて困ることあるので(^_^;)
また、天気のいい日シーツなどの大きな物も干すことも可能だと思っています。
※ 基本的には洗濯物は洗面脱衣所に干す予定です!

まとめ

最後に和室のこだわりポイントをおさらいです!

和室のポイント

  • 来客時にプライベートスペースに入ることなく客間を通せる
  • 用途別の押入れを2箇所設けた→物置と普段使いはあえて分けることで使いやすく
  • 将来の使い方も見据えて、介護部屋や自分たちの寝室になる可能性も考えて配置
  • ホスクリーンも完備→大きいものを干したり、泊まりの来客時に必要であれば使ってもらえる

以上で、和室のこだわりポイントでしたm(_ _)m

ご一読頂き、ありがとうございました!

次のこだわりポイント⑤はLDKを紹介していこうと思いますので
宜しければ、御覧ください(*^_^*)

來夢

【スポンサーリンク】



来夢

皆様、こんにちはm(_ _)m
ただいま、令和元年ベビーを妊娠中でありながら、2人の子供たちと夫の4人暮らしをしております!
フルタイム勤務&子育て&家事&妊娠という、なかなかハードな生活を送っていますが・・・
一条工務店のアイスマートに引っ越してきたおかげで
なんとか命を繋ぎ止めております(笑

そんな我が家の一条工務店アイスマートでの暮らしをお伝えできたらと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願いしますねm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください