戸建住宅のタイプと特徴、メリット・デメリットと『注文住宅』に決めた理由

みなさん、こんばんは(`・ω・´)ゞ來夢です!

さて、「注文住宅」について素人ではありますが・・・(^_^;)
自分なり

「戸建住宅のタイプと特徴、メリット・デメリットと『注文住宅』に決めた理由」

についてまとめてみました!

【スポンサーリンク】

戸建住宅のタイプ

まずは戸建住宅には、新築住宅中古住宅があり
新築住宅には、【売建】【建売】があり、それぞれ言葉が逆ですが意味が違います。

【売建】施主が気にいった住宅会社に契約・依頼し、土地探しや間取り・設備等の打合せをして建築する住宅
     👉 注文住宅規格型住宅(企画型住宅)

【建売】住宅会社が土地探しや間取り・設備等の計画をして建築し、完成後にお客様を探して販売する住宅
     👉 建売住宅

つまり、戸建住宅には 新築住宅である
注文住宅』『規格型住宅』『建売住宅』と『中古住宅』の4つのタイプがあります。

それでは、それぞれのタイプの特徴とメリット・デメリットをまとめましたので
見ていきましょう

 

戸建住宅タイプ別一覧

戸建住宅 特徴 メリット デメリット

注文住宅

施主の希望に沿ったオーダーメイドの新築住宅

理想を追求したい人にオススメ!

  • 基本的に間取り、外観、構造、設計、設備、材料を希望するものを採用することができる
  • 設計、施工パートナーを自由に選べる
  • ライフスタイルに合わせて間取りを考えることができる
  • 完成した住宅を設計段階ではみれないため、図面を頼りに完成形を把握する必要がある
  • 基本的に家づくりを基礎から考えるため、完成まで時間がかかる
  • 費用はコントロールできるが割高なる可能性が高い
  • あまり個性的な物件にすると売却しにくい
規格型住宅 お客様のニーズを分析したプランニングや間取り、価格、仕様までをすべてパック(規格化)にした住宅商品の中から、気に入った商品を選んで建築する住宅
  • 注文住宅よりも安価
  • 既定の間取りから選択するため、注文住宅のように完成まで時間がかからない
  • 間取りの配置換えなど、少しの変更や融通が利く場合もある
  • 基礎や工法については、自由設計できない。
  • 注文住宅のような自由な間取りを考えることはできない。
建売住宅

不動産会社が土地に建物を建て、土地と建物をセットで販売する住宅

また建売住宅には種類があり、「一般の建売住宅」、「青田売りの建売住宅」「借地権付き住宅」、「建築条件付き住宅」がある。

  • 購入時にすでに完成している場合も多く、現物を見て購入も可能
  • 注文住宅よりも比較的安価で購入できる
  • まだ完成していない場合でも、工期が短い場合が多い
  • 基礎や工法、間取りなど基本部分は自由設計することができない
  • 工事中の状態を見ることができないため、以前は欠陥住宅も多かった
  • 価格を抑えるため、経験の浅い職人で作られることも多い
  • 外観や内装の好みは妥協が必要
  • ライフスタイルに間取りを合わせられない
中古住宅 築年数が2年以上経過したもの、もしくは
既に人が住んだことのある住宅
  • 購入価格が安い
  • 広さや立地が良い所が多い
  • リフォーム技術の高くなっているため、新築同然に直すことが可能
  • 建物の状態を確認してから購入可能
  • 物件の経年劣化による痛みが気になる
  • 物件購入後に故障などのトラブルが発生する
  • 木造住宅の場合、築年数20年以内でないと住宅ローン控除を受けることができない

いかがでしょうか?
注文住宅と規格型住宅は少しわかりにくいかもしれませんが
注文住宅は基本フルオーダータイプ、規格型住宅はセミオーダータイプといったところでしょうか!
なにもかも自分で決めたい方は注文住宅、
ある程度はメーカーで型は決めて、ちょこっと自分たちの意見も反映したい方は規格型住宅の方が安価な場合が多いのでオススメです(*^_^*)

「注文住宅」に決めた理由

さて私たちは、最初から「注文住宅」で建てよう!と決めていたわけではありませんでした。

上記に挙げた4種類の住宅すべてにおいて、購入を検討していました。
そのため、決めたきっかけは住宅ローンでの貸付金額でした。

住宅ローンの金額次第で『注文住宅』を諦めることも考えていましたが
たまたま、運良く希望するハウスメーカーと住宅ローンとの折り合いがついたため
せっかく家を建てるなら、自分たちでこだわって作りたい』という想いがあったことと
人も私も凝り性な所で、これまで色んな家に住んでいたこともあって
人一倍 住宅に対するこだわりが強かったことが『注文住宅』に惹かれた要因だと思います!
そんなこんなで私たちはコストは掛かりますが、『注文住宅』を選びました。

まとめ

戸建住宅には、注文住宅』『規格型住宅』『建売住宅』『中古住宅』の4つのタイプがあり
それぞれに、上記の表のようなメリット・デメリットがありましたΣ(゚Д゚)
どのタイプの戸建住宅がいいかを決めるのは、施主である私たち自身ですから
しっかりとメリット・デメリットを理解して住宅を選びたいものですね!

來夢

 
【スポンサーリンク】




 

来夢

皆様、こんにちはm(_ _)m
ただいま、令和元年ベビーを妊娠中でありながら、2人の子供たちと夫の4人暮らしをしております!
フルタイム勤務&子育て&家事&妊娠という、なかなかハードな生活を送っていますが・・・
一条工務店のアイスマートに引っ越してきたおかげで
なんとか命を繋ぎ止めております(笑

そんな我が家の一条工務店アイスマートでの暮らしをお伝えできたらと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願いしますねm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください