【悩み】新築で注文住宅を建てる時 親戚や友人の大工・工務店に頼む方が良いのか?

皆さん、こんにちは(*^_^*) 来夢です!

さて、今日は「注文住宅」に関するお悩みを私なりに調べてみたいと思います。

よく知恵袋などでも見かけるのですが・・・
新築で注文住宅を建てる際、親戚に大工や工務店がいたら頼まなくてはいけませんか?
と悩まれている人をよく見かけます!

かく言う私も、母方の叔父が工務店を経営していたり
私の姉の旦那さんや、いとこの旦那さんが大工をしていたりと
何かと建築関係者がいて、悩みました(^_^;)

しかしながら、今回は私がハウスメーカーを選んだ理由を残していきたいと思います!

【スポンサーリンク】

親戚に建築関係者がいたら・・・

家を建てよう!と考えた時、ふと思ったのが
『親戚の工務店』や『親戚の大工』に頼むべきか?ということでした。

単純に考えると、安くなるかも!融通きかせてくれるかも!など
メリットばかりのようにも思えますが・・・

私の知り合いの方は、親戚の大工さんに家を建ててもらったが
いろんな不都合があったのに、その大工さんが亡くなられるまで
リフォームせずに我慢していたという話を聞きました。

実は、私の実家もガラス張りの風除室や大きな倉庫、キッチンやお風呂などのリフォームは
すべて親戚関係者から施工してもらったものばかりですが
残念なことに、いつも数年後には何かしら不具合が出ていて
「なんで、直さないの?」と聞くと・・・
「お願いしにくい・・・」と母が困ったようにいうのです(-_-;)

うーん、どうしてこのような自体になるのでしょうか?

悩んでいたとき、1冊の本に出会いました。

悩んでいた時に出会った1冊

そんなとき、出会ったのがこの1冊・・・

この本の中に、こんな文章を見つけたのです!

失敗例③ しがらみ(親戚や友人が業者)で家を建てなきゃならないなんて・・・
しがらみだけで依頼するのは、みずから不幸を求めるようなもの。

その業者が、設計も構造も施工も、全てにわたって良い家を建ててくれるなら問題ないのですが、
しがらみを全面に持ち出してくる業者ほど、あまり良い家を建てているとは言えないのが現実です。
業者はしがらみではなく、能力の高低によって選ぶべきでしょう。
(一部抜粋)

引用:書籍 安らぐ家は「間取り」で決まる P.20~21より 著者:上田康充 デザインコラボ代表

※この本の詳細はこちら👇

【家づくりオススメ関連書籍】③『安らぐ家は「間取り」で決まる』

この文章を読んで、ハッとさせられました。
まさに、そのとおりです!
自分達が求めているような家を建ててくれるなら、ハウスメーカーだろうが
親戚の工務店・大工だろうがどちらでも構わないのです。

ただ、求めるクオリティーに達しない場合は
「親戚に頼ることはできない」これに尽きるのです!

こうして、私は「しがらみ」に縛られることは止めて
一条工務店にお願いすることを決めました。

では、具体的に親戚の工務店・大工に頼んだ時の
メリット・デメリットをまとめてみましょう!

【スポンサーリンク】



「しがらみ」で家を建てるときのメリット・デメリット

しがらみ(親戚や友人が業者)で家を建てる場合に覚悟して置かなければならない
メリット・デメリットをまとめてみました!

これは、あくまでも思いつく範囲です。
また、依頼する親戚との関係の良し悪しでも、メリット・デメリットは大きく変わるため
参考程度にしていただければと思います。

メリット デメリット
つくる家にもよるが、通常のHMよりも安く建築することができる。 相手とのパワーバランスによるが、親戚側の意見が強すぎて思い通りの家を建てられない場合がある。
自分で住む家がイメージ出来ている人には、自分で図面を引きながら相談でき、自由度が高い家を作ることも可能。 自分で住む家をあまりイメージできない人には、工務店の設計提案力が乏しいと、住んでから間取りが良くなかったと感じることがある。
様々な業者とやり取りをしているので、どんな建材がいいかなどの情報を持っており、建材業者と知り合いも多い場合は、安く部材や建材を購入できる可能性がある。 必ずしも使いたい建材を安く入手できるとは限らず、場合によってはHMの方が安く導入できる場合がある。
高気密高断熱・優良住宅・次世代省エネルギー基準についても、きちんと説明してクリアできる家を依頼することも可能 必ずしも全ての工務店・大工が「高気密高断熱・優良住宅・次世代省エネルギー基準」をクリアできる家を作れるとは限らない
現場での修正もハウスメーカーよりも融通が利くことが多い。 自営業の工務店・大工だと資金が少ないと難しいため、事前に頭金を多目に用意しなくてはならない場合もある。
お金の支払い時期を相談することも可能。 入居後に故障・補修などをお願いしたくても、関係が壊れる気がして申し出にくい
ハウスメーカーのように保証が曖昧になる可能性がある。
(これは実際に実家でも言っていました)
耐震性・気密性の高い家を求めると、小さな工務店・大工では出来ない場合がある
お茶菓子など、通常のメーカーよりも遥かに気を使うため、接待費が高額になる。
(これは実際に実家でも言っていました)

以上のように、メリット・デメリットをみても
私個人的には、デメリットが多いように思います!

しかしながら、それでも やはり「しがらみ」は無視できない!という方・・・
こんな解決方法はいかがでしょうか?

「しがらみ」で家を建てる場合の解決方法

実際、「しがらみだな」っと感じながらも断れない場合は
こんな解決方法はいかがでしょうか?

これも、先程の本からの抜粋になりますが・・・

失敗例③ しがらみ(親戚や友人が業者)で家を建てなきゃならないなんて・・・
どうしてもその業者を使わないといけないのなら・・・

そういう場合は、あらかじめこういう本でしっかりと勉強して
「こういう間取りで、こういう構造で、こういう材料と設備を使って建てて下さい」と
最初から指定しましょう!
また、建築技術があまり高くない業者だと、施主が希望する施工ができない場合があります。
そういう場合は代替案を提示してあげることです。

引用:書籍 安らぐ家は「間取り」で決まる P.20~21より 著者:上田康充 デザインコラボ代表

また、先程掲げた「メリット・デメリット」の解決策についても
契約する前に、きちんと話し合いを行い、責任の所在を明らかにしておくことで
問題が起きた場合のトラブルを防ぐことができるように思います!

まとめ

しがらみ(親戚や友人が業者)と一緒くたにまとめて大変申し訳ございませんが・・・
いい関係であれば、こうは思わないように思います。

しがらみで家を建てるのか・・・と思えば、せっかく何千万もかけて建てる家が
夢も希望もないお家になってしまいます。

いくら親戚・友人であっても、
誰が住む家なのか?
誰がお金を出すのか?
何かあったとき、誰が一番困るのか?
しっかりと自問自答してください(*^_^*)

そうすることで、貴方にとって一番よい選択が出来るように思います!
貴方が「素敵なお家」を建てられることを願っています。

 

最後までご一読頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

 

来夢

来夢

皆様、こんにちはm(_ _)m
ただいま、令和元年ベビーを妊娠中でありながら、2人の子供たちと夫の4人暮らしをしております!
フルタイム勤務&子育て&家事&妊娠という、なかなかハードな生活を送っていますが・・・
一条工務店のアイスマートに引っ越してきたおかげで
なんとか命を繋ぎ止めております(笑

そんな我が家の一条工務店アイスマートでの暮らしをお伝えできたらと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願いしますねm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください