マイホームが欲しくなった理由 ③子ども達の成長のために

皆様、こんにちは(^^)/

來夢です。

 

さて、マイホームが欲しくなった理由を①、②でお話してきましたが、

何よりも私の心を動かしたきっかけがありました。

それは、息子の成長を

この家が妨げているのでは?と感じたある出来事でした。

 

【スポンサーリンク】





息子の成長と涙

息子もすっかり大きくなり

昨年の5月から少しずつ保育園の先生の協力の元

トイレトレーニングを始めました。

 

一日に1回、オムツではなくお兄ちゃんパンツで過ごし

粗相をしてしまったらオムツに履き替えるという方法でした。

 

息子は保育園ではとても順調で滅多に失敗することがないのですが、

休日に家にいるとなかなかうまくいきませんでしたが

いつかオムツは取れるはずと、わたしも気長に付き合っていこうと考え

息子のペースでトレーニングを続けていました。

 

トレーニングを始めて約半年が経ち

息子は自分からトイレに行きたいということが増えたそんな冬のある夜のことでした。

食事中に急に席を立った息子

ストーブの前に行き、少しして急に泣き出したのです。

 

驚いて慌てて駆け寄ると、息子の足元はびしょびしょになっていました。

『どうしたの?そんなに泣かなくていいんだよ。早く着替えようね。』

そう言って息子を着替えさせ、落ち着かせた後で

『トイレ間に合わなくて泣いたの?トイレに行きたいってどうして言わなかったの?』と聞くと

『・・・だってトイレ、寒いから行きたくないんだもん』

とまた息子の瞳から大粒の涙があふれ、大きく声をあげて泣き出したのです。

もう、粗相をしたら恥ずかしいという気持ちもあったのでしょう。

息子は体だけではなく、心もちゃんと成長していたのだと感じました。

保育園ではトイレも暖かいため上手に出来ていましたが

家では寒いトイレで、ズボンを下ろさなくてはならないため

いつも寒さと戦っていたんだと思うとかわいそうでなりませんでした。

このときばかりは、この家を決めた自分を恨み、悔しくて息子を抱きしめて泣きました。

一生懸命成長しようとしている息子の足を引っ張るこの家から

一日でも早く解放されたい、いや解放してあげたいと強く思うようになったのです。

 

そのことに気が付いてやれず、つらい思いをさせていたこと

また、これは下の娘にも同じ思いをさせることになる前に

暖かい家がほしいと思い、

私は夫にその思いを伝えました。

 

夫は私の顔をみつけ、優しくうなずき

子供たちのためにも頑張ろうと言ってくれました。

【スポンサーリンク】



マイホーム・・・だれのため?何のため?

些細な出来事じゃないかと笑う方もいるかもしれませんが

私にとっては何よりも大きな出来事であり

重い腰をあげるきっかけの一つになりました。

 

やはり、子ども達の成長を促してやれるような

そんな家で生活していきたい思うのは

自然なことなのかもしれません。

 

誰のための家ですかと言われれば

私はやはり『子ども達のため』という言葉が浮かびます。

 

夫は『妻のため』と言ってくれますが(。>﹏<。)

ノロケてすみません・・・(笑

 

最後に・・・

息子は寒いトイレを克服して

今年1月無事にトイレトレーニングを完了しました(*’ω’*)

 

いまでは、たった一人できちんとトイレにいけています!

 

いつか、大きくなった息子に

マイホームを建てようと決意したきっかけは貴方だったのよって

話せたらと思っています(^^)/

 

それでは、次回のお家のお話は

前回 好評だった宿泊体験の第1回目の体験談を書こうと思います(*^^*)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

來夢

 

関連記事:

マイホームが欲しくなった理由 ①家事の山と小さな命

マイホームが欲しくなった理由 ②問題だらけの借家

 

 

【スポンサーリンク】



来夢

皆様、こんにちはm(_ _)m
ただいま、令和元年ベビーを妊娠中でありながら、2人の子供たちと夫の4人暮らしをしております!
フルタイム勤務&子育て&家事&妊娠という、なかなかハードな生活を送っていますが・・・
一条工務店のアイスマートに引っ越してきたおかげで
なんとか命を繋ぎ止めております(笑

そんな我が家の一条工務店アイスマートでの暮らしをお伝えできたらと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願いしますねm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください