注文住宅専門用語 意味:固定金利選択型

注文住宅専門用語 意味

固定金利選択型[こていきんりせんたくがた]

1年、3年、5年、10年、20年など、借入当初一定期間の金利を固定する住宅ローンのこと。
期間が長いほど利率は高くなる。
一定期間を過ぎると、金利が上昇する可能性があるので注意が必要。

引用:日本一わかりやすい 一戸建ての選び方がわかる本 2017-18 (100%ムックシリーズ) 住宅・建築用語辞典より

関連キーワード

「固定金利選択型」の関連キーワード

固定金利選択型とは
固定金利選択型
固定金利選択型住宅ローン
固定金利選択型 メリット
固定金利選択型のメリット
固定金利選択型 返済シミュレーションエクセル
固定金利選択型 変動金利 違い
固定金利選択型10年
固定金利選択型 期間終了後
固定金利選択型 金利
固定金利選択型 金利水準
固定金利選択型住宅ローンとは

引用:good keyword より https://goodkeyword.net/

 

 

来夢

皆様、こんにちはm(_ _)m
ただいま、令和元年ベビーを妊娠中でありながら、2人の子供たちと夫の4人暮らしをしております!
フルタイム勤務&子育て&家事&妊娠という、なかなかハードな生活を送っていますが・・・
一条工務店のアイスマートに引っ越してきたおかげで
なんとか命を繋ぎ止めております(笑

そんな我が家の一条工務店アイスマートでの暮らしをお伝えできたらと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願いしますねm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください