大規模停電に備えた家庭用蓄電池のメリットや補助金はある?

皆さん、こんばんはm(_ _)m来夢です。
実は私は、北海道に7年ほど住んでいたこともあり、北海道が大好きです。

そんな大好きな北海道を昨年、『北海道胆振東部地震』が襲いました。
多くの方が犠牲になられ、また想像を絶する土砂崩れ、液状化現象
そしてなにより全道地域の大規模停電の被害に遭ったこと、心よりお見舞い申し上げます。

少しずつですが、復旧が進んでいるようではありますが、いまだ停電状態の所もあるようです。
我が家は、来年3月に新居に引っ越し予定ですが・・・
オール電化のため、このような災害時を考えると怖くなります。

今日は今回のこの教訓から、太陽光発電システムを掲載する家や
オール電化のお家に関する家庭用蓄電池の必要性について検討していこうと思います。

【スポンサーリンク】
蓄電池

家庭用蓄電池とは

家庭用蓄電池とは
蓄電池とは、充電を行うことで、繰り返し電気を蓄えたり、自由に使ったりできるシステムのこと。価格の安い深夜帯に電力会社から買った電気を充電したり、日中に太陽光発電で得た電気を貯めたりすることで、オトクに電気を使うことができます。また、電力会社への売電が効率的に行えるほか、万が一停電が起きてしまった場合でもいつもどおり電気を使用することができるなど、多くのメリットがあります。

引用:新日本住設㈱

意外に知られていないのが、太陽光を載せていなくても、蓄電池は使えるということです。
上記でもあるように、

もちろん、今回の地震や水害などによる大規模な停電時にも
非常に役に立つものと思います。

家庭用蓄電池のメリット

    1. 電気料金の削減
      蓄電池に深夜電力価格で充電することで、日中の価格が高い時間帯は
      蓄電池から電気を使用して
      電気代を格安に抑えることができる!
    2. 太陽光発電の売電量アップ!
      深夜電力は電力会社によっても変動するが、現在およそ1kWhあたり10円92銭
      売電価格は平成30年はそれぞれ1kWhあたり10kw未満26円、1kWh以上18円のため
      深夜電力をうまく使うことで、売電量&収益がアップできる!
    3. 夜間・悪天候のときでもお得!
      太陽光が働けないときも、蓄電池は安定して深夜電力を貯めることができるため
      天候に左右されず安定した電気料金で使用できる!
    4. 非常時でも電気が使える!
      今回の北海道の地震や関西の台風による長期停電時、非常用としても活躍できる!

【スポンサーリンク】
オール電化

蓄電池の気になる質問を調査

蓄電池が便利なのはわかりますが・・・
実際にはどうなの?
蓄電池の気になるあれこれを、新日本住設㈱のHPからご紹介!

実際にどのくらい電気代が安くなるの?

お客様の設置機や条件にもよりますが、平成24年の結果が掲載されていますが
平成24年8月の電気料金を1年前と比較した3組の1ヶ月の電気料金は
なんと、平均で3,907円も安くなったそうです!

電池の寿命はどのくらい?

定置用リチウムイオン蓄電池の場合、10年程度使用しても劣化はわずか2割程です。
しかしながら、使用しているメーカーや使用状況によって異なるため
詳しくは蓄電池の設置メーカーや
下記の新日本住設㈱に問い合わせてみましょう(*^^*)

どこに設置すればいいの?

意外に知られていませんが、直射日光の当たらない屋外への設置を原則としていますので、
屋内への設置はできません。
また、高温多湿な場所、風通しの悪い場所などは設置できない場合があります。
これも蓄電池を購入前に要確認事項ですね!

保証やメンテナンスは?

保証は、本体のメーカー保証が10年、専用リモコンが2年です。
メンテナンスについては、消耗品の防塵フィルターを交換していただく必要があります。
その他、清掃時期などは機械がお知らせいたします。

停電時の操作方法は?

停電が発生した場合、自動で自立運転に切り替わりますので、何もする必要はありません。
すぐに、あらかじめ設定した家電製品などへの電気供給をスタートし、日中の晴天時には太陽光で充電を行います。

停電時はどのくらい電気が使えるのか?

7.2kWhの標準システムで、430W程度
(冷蔵庫、扇風機、TV、PC、蛍光灯スタンド、携帯充電の同時使用に相当)
の機器を12時間連続で使用することができます。
増設ユニットを使用すれば、上記機器の24時間連続使用が可能になります。※当社概算による

いかがですか?
私は蓄電池について、これまできちんとした知識は持っていなかったので
想像以上にメリットのあるもののように感じました。

しかし、問題は価格ですよね?
以前は蓄電池の補助金などもありましたが、
その辺りのお金のことについても少し調べて見ましょう!

蓄電池のお金のこと

蓄電池はご存知の通り、決して安いものではありませんし
その値段は蓄電池の容量によっても様々ですし、
蓄電池本体の価格だけではなく、設置費用なども含まれます。

蓄電池システムの相場が知りたい!気になる費用

  • 相場:100万円~250万円
    定置型蓄電池システムは、本体価格 + 設置費用 + 電気工事費用が掛かる。
    本体価格は100万円~その他の費用は20~30万円程度掛かる。
  • 補助金はあるの?
    残念ながら、現在(平成30年度)は蓄電池を単体で導入する場合は補助金がありません
    しかし、ZEH住宅や断熱リフォームを行う予定の方は、一部補助金が出るようです。
    また、自治体によっても補助金を行っているところがあるようですので
    各自該当するか調べてみるといいと思います。
  • 価格は下がっている
    単体購入の場合、補助金はなくなってしまいましたが、蓄電池の価格自体は
    年々下がっていると言われています。
  • できるだけ安く蓄電池を購入するために蓄電池でも相見積もりは必須!
    一番の理想は良い物を設置し、良い工事をしてもらい、安く導入できることが誰もが思っていることでしょう。
    ですから会社選びも大事な選択肢になってきますので、設置した後も見てもらえる優良店をお勧めします。

引用:蓄電池システムの相場が知りたい!気になる費用  ひだかや株式会社

大変、わかりやすい記事を見つけたので詳細を抜粋させていただきました。
記事による残念ながら、単体購入では補助金は適用されていないようですが
これから、ZEH住宅や断熱リフォームを検討されている方には
まだまだ朗報があるようですし
住まわれている地域の補助金についても、ぜひ調べてみるといいでしょう(*^^*)

また、補助金がない今、しっかりと相見積もりを取り
少しでも値段が安い蓄電池を検討することも重要になってくると思います!
では、実際にはどんなところに相談したら良いのでしょうか?

蓄電池の設置・見積もりを相談してみよう!

蓄電池を置くメリットや、疑問についてはある程度、わかっていただいたと思いますが
「じゃあ、明日買いに行こう!」とはなかなかならないですよね(●´ϖ`●)

もちろん、私もそうです(`・ω・´)ゞ
しかし、できることはあります!
それは、自分の家にはどんな蓄電池を設置することができるのか?
また、その費用はどのくらいなものなのか?

この2点については、すぐにでも調べて置くことができる
便利なサービスをご紹介致します!

それが、こちら!
全国どこからもでも、電話でお話を聞くことができる新日本住設㈱さんです!
ここは、お客様満足度96% &
Panasonic関西施工実績2年連続1位を獲得するなど
なかなか評判が良い会社です!

申込みサイトはこちら👇
蓄電池

最後に・・・

蓄電池・・・いかがでしたでしょうか?
すぐに購入しなくとも、蓄電池にかんする情報収集はしても損はないように思います!

いつ何時、また大きな災害に見舞われるかわかりません。
備えあれば憂い無しですし、日常でも十分にメリットがある蓄電池
家族で一度相談してみてはいかかでしょうか?

ちなみに、私も3月に家が完成して落ち着いたら
早速お電話してみようと考えていますよ(*^^*)

その頃、また安くなっていることを願っています!

 

最後までご一読ありがとうございましたm(_ _)m

 

来夢

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

にほんブログ村

<スポンサーリンク>

来夢

皆様、こんにちはm(_ _)m
ただいま、令和元年ベビーを妊娠中でありながら、2人の子供たちと夫の4人暮らしをしております!
フルタイム勤務&子育て&家事&妊娠という、なかなかハードな生活を送っていますが・・・
一条工務店のアイスマートに引っ越してきたおかげで
なんとか命を繋ぎ止めております(笑

そんな我が家の一条工務店アイスマートでの暮らしをお伝えできたらと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願いしますねm(_ _)m

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください